山陰本線橋梁たわみ計測

レーザー距離計による桁たわみ計測システム【Dポイント】導入実績
発注元
JR西日本
導入商品
レーザー距離計による桁たわみ計測システム【Dポイント】
システム稼働年
2009年12月
現 場
JR神戸川橋梁(新線)
概 要
橋梁架け替え工事後の、初列車通過時のたわみの測定を、レーザー距離計を使用して行った。10Hzのデータサンプリングで、たわみのピーク値をしっかりと把握することができた。

レーザー距離計による桁たわみ計測システム【Dポイント】

レーザー距離計による桁たわみ計測システム【Dポイント】
列車や車両通過時に、桁までの距離を動的に計測することによってたわみ量を演算出力します。対象測点にはケーブルレスかつ非接触で測定が行えます。従来の接触式変位計と比べて作業を大幅に効率化します。
データ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求