3次元変位自動計測システム導入インタビュー

株式会社横河ブリッジ様 3次元変位自動計測システム【DAMSYS】導入インタビュー
お客様
株式会社横河ブリッジ様
100年に亘り橋梁事業構築の発展に貢献してきた企業です。橋梁、鉄骨、鉄塔分野において積み上げてきた実績と長年培ってきたノウハウを武器に、システム建築、動態計測システムなど、既存技術を応用した新製品の開発にも意欲的。
導入商品
3次元変位自動計測システム
【DAMSYS】
工事概要
圏央道の高架橋上部工工事
計測風景
計測用パソコン
プリズム

――高架橋の架設にあたり、これまではどんなやり方で監視をしていましたか?また、どんな悩みがありましたか?

これまでは目視で計測を行っていました。施工中、レベルを使って仮設部材の変形計測をやったりもしました。
橋桁は温度変化や車輌の走行などによって日常的に伸縮するので多少の傾きは生じますが今回、より安全な施工の必要性を感じて計測ネットさんのシステムを導入することに決めました。

――今回、数ある業者の中から当システムをご用命いただいたきっかけは何でしょうか?

他にも業者がたくさんあるのは承知だったのですが、鷹島肥前大橋や勘八橋などかなり前からグループ会社でも計測ネットさんの技術を導入した実績があって、技術研究所の方からその評判を聞いていたので、お願いすることに迷いはありませんでした。

――導入にあたり、躊躇したことはありませんでしたか?

システム自体への不安は無かったのですが、仮設部材の数と同じ数だけトータルステーションを用意しなくてはならないのかと思って価格面を心配していました。
1台で多数のポイントをカバーできるとのことだったので、安心しました。

――導入していかがでしたか? 不満も含めて忌憚無くご意見いただきたいです。

既存の製品をそのまま取り入れたのではなく、今回はうちの現場用にカスタムしてもらっているので不満や不便は感じませんでした。
精密機械での監視ということで、逆に測定が厳密すぎてエラーが出たりしないかどうか心配していましたが、いつもと変わらない作業でも警報はおろかエラーすら出ませんでしたね。こちらとしても数値にトラブルの実績を残したくなかったので、大満足です。

――今後、計測ネットに期待することは?

こうしてカタログを見ただけでもたくさんの技術を持っていらっしゃいますよね。普通の測量会社さんとはちょっと違うことをやっていらっしゃる。これからも現場に新しい技術を取り入れてゆきたいので、引き続き画期的なシステムを開発してアドバイスして欲しいです。
大規模な現場のためのシステムだけでなく、現場の人たちが積極的に取り入れやすい技術を開発していっていただけたら、こちらも助かります。

――ありがとうございました。
掲載日:2011/06/28

3次元変位計測システム【DAMSYS -ダムシス-】

3次元変位計測システム【DAMSYS -ダムシス-】
自動視準式トータルステーションやGNSS受信機を用いて、既設構造物の測点を自動で巡回して3次元計測する、変位観測システムです。
NETIS無人監視警報機能WEB閲覧24時間稼働帳票出力データ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求