杭芯施工位置管理システム導入インタビュー

株式会社森組様 杭打設管理システム【パイルナビ-V】導入インタビュー
お客様
株式会社森組様
昭和9年創業以来、関西を基盤に全国で土木・建築工事において「喜びを喜びに(JOY&JOY)」をスローガンに豊富な実績と高度な施工技術で日本の発展に寄与してきた企業です。
導入商品
杭打設管理システム
【パイルナビ-V】
工事名称
計測現場
計測風景
システム画面
――当社をどこでお知りになりましたか?また、抱えていた課題を教えてください。
計測ネットさんは本店の紹介で知りました。 技術提案で基礎杭(鋼管杭)の偏芯管理をトータルステーションで行う提案をしていたのですが、自動追尾型のトータルステーションは高価なものと知っていたのでコスト的に合うのか、トータルステーション1台で本当に施工中の鋼管杭の偏芯管理が高い精度で可能なのか心配でした。

――今回、数ある業者の中から当システムをご用命いただいたきっかけは何でしょうか?

期間の迫った注文にもかかわらす前向きに対応していただき、打てば響くような質問事項に対する対応でしたので、この業者なら大丈夫だと言う確信がもてました。

――当システムを導入していかがでしたか。
「最高でした!!」(皆様そろって言って頂きました)
数ある技術提案の中でもっとも私達のお気に入りです。

――スタッフの対応はいかがでしたか?

満足しています。価格に見合う、いや、それ以上の成果が出ていますよ。 先程も言いましたけど納期の厳しい注文で尚且つ年末であったにもかかわらず、短期間で技術提案の内容に沿った形でプログラムをかえてくださったことには正直驚きましたし、感謝しています。 また、対応の早さにも非常に満足しています。

――そんなに良いことばかりおっしゃられるとうれしいですが、今後の計測ネットの成長のためにも何か苦言を頂けませんか。

今回はトータルステーション1台の計測で、鋼管杭の水平偏芯だけの管理でしたが、同じシステムで鋼管杭の傾斜も計測できるともっと良いのですが。
システムの対候性がもっと向上してほしいですね。タフブック(パソコン)は良かったのですが、トータルステーションがいくら防滴と聞かされていても高価な機械なので雨の日に使用するのは怖かったですね。

――最後に今後の計測ネットに期待することをお聞かせください。

我々は困っているところを快く協力していただき、良い仕事をしていただいた業者さんは絶対に忘れません。 次回からも今回のように活躍されることを信じています。

――ありがとうございました。

鋼管杭の傾斜に関しては多少リアルタイム性が落ちますが現行のシステムに多少改良を加えることで対応可能です。対候性については今後の課題として当社を挙げて対候性の向上に取り組みたいと思います。

取材日:2011/07/05

杭打設管理システム【パイルナビ-V】

杭打設管理システム【パイルナビ-V】
ノンプリズム式トータルステーションを用いて杭芯の位置を直接測定し、杭の傾きを確認しながら打設位置と鉛直度の調整を行います。車載モニターで確認しながら作業できます。
NETIS車載モニターデータ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求