橋梁桁送り出し管理システム導入インタビュー

株式会社東京鐵骨橋梁様 株式会社関東油機サービス様 橋梁桁変位自動計測システム【3Dブリッジ】導入インタビュー
お客様
株式会社東京鐵骨橋梁様
株式会社関東油機サービス様
導入商品
橋梁桁変位自動計測システム
【3Dブリッジ】
現 場
福岡県京都郡苅田町
工事名称
東九州自動車道小波瀬川橋(鋼上部工)工事
工事概要
橋桁の送り出し
プリズムの設置
現場事務所の計測用パソコン
システム画面

――当初抱えていた問題点は何ですか?

桁の送出し時、桁の位置が正規の位置で施工できているのか確認したかった。特に先端の部材。技術提案に対応できるスキルと、経費。

――導入を決断したポイントは何でしたか?

座標管理による計測方法による位置確認。トータルステーションによるリアルタイム計測。技術提案により、客先との協議の末、座標による管理を導入。臨機応変に対応していただけそうだったのと、経費。

――従来の桁送出し現場での測量方法は?

元々はレーザー距離計を使用しての計測で考えていました。
人によるマニュアル計測。
職員によっての実測作業。

――当システムの使用、運用方法は?

自動追尾式トータルステーションによる自動計測

――導入前に期待していた効果と比較しての満足度などを具体的に教えてください。

桁送出し毎に、位置の確認が可能なため、計測結果を元に修正等がスムーズに行えた。桁の送出し量、横ずれ量の自動計測は、期待通りだった。

――加えてプラスアルファがあれば、教えてください。

プリズムの固定治具・方法にもっと丈夫な物が欲しかった。トータルステーションの雨対策ももう少し考え直してほしい。パソコンでの計算処理が早ければ、尚良いと思います。計算結果に時間がかかっていたので。

――当システムについての要望/改善すべき点はありますか?

・計測の処理速度の向上
・全体的な処理スピード

――コスト/時間が削減できましたか?

正直なところ当初予定していた計測と方法を変更して依頼することになったので、コストは増えました。
おおむね出来た。

――品質の向上が図れましたか?

品質の向上は図れました。まずまず、図れた。

――導入前に比較した他社製品/システムがあれば、差支えない範囲で教えてください。

他社とは比較していない。

――当システム、サービスはどこが優れていましたか?

私自身、自動追尾式のトータルステーションを初めて拝見したので、優れているように感じました。ただ定期的にプリズムの向きを調整していたので、自動プリズムはないのでしょうか?ただ単にコスト増ならあるの?
遠隔操作が優れていました。社員の対応も良かったです。

――スタッフの対応はいかがでしたか?営業/技術/現場対応

良かったと思う。
営業:早急な対応をしていただきました。
技術:素晴らしい技術をお持ちだと感じました。
現場:現場状況に合わせて臨機応変に対応していただきました。

――今後、計測ネットに期待することは?

機会がありましたらまたお願いします。お世話になりました。

――ありがとうございました。
橋梁桁変位自動計測システム【3Dブリッジ】は、上部工工事における橋桁の送り出し施工にて、橋桁が設計座標からズレないようにプリズムと自動追尾式トータルステーションを用いて位置管理をするシステムになります。
橋梁工事において様々な計測システムを手掛けてきた当社・計測ネットサービスですが、今回の桁送り出し管理は初めての開発システムとなります。今回の経験を生かして、今後も良い施工ができるようなシステム開発に努めていきます。

掲載日:2012/10/04

橋梁桁変位自動計測システム【3Dブリッジ】

橋梁桁変位自動計測システム【3Dブリッジ】
橋梁架設の桁の位置情報をトータルステーションで3次元座標管理を行い、計画高との差分を表示する自動計測システムです。リアルタイム自動計測により計測のための作業を中断させることがなく、またWebブラウザーで遠隔地からのデータ観測が可能になるシステムです。
NETISWEB閲覧帳票出力データ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求