岸壁復旧工事シートパイル打設管理システム導入インタビュー

りんかい日産建設株式会社様 杭打設管理システム【パイルナビ-S】導入インタビュー
お客様
りんかい日産建設株式会社様
導入商品
杭打設管理システム
【パイルナビ-S】
現 場
宮城県牡鹿郡女川町
工事名称
女川漁港宮ヶ崎岸壁復旧工事
工事概要
ノンプリズムトータルステーションを使用したシートパイルの建込鉛直度確認
シートパイル打設
モニター画面
シートパイル打設管理

――導入するまで抱えていた問題点は何ですか?

施工の正確性を求めるには、以前にトランシットを使用し2方向から2人で確認作業を行っていましたが、本システムでは移動する必要がないため1人で確認作業が出来ます。

――導入を決断したポイントは何でしたか?

技術提案に採用しておりました。

――従来の工事現場での計測・測量方法は?

トランシットを使用し2方向から確認していた。

――導入前に期待していた効果と比較しての満足度などを具体的に教えてください。

5段階評価で4です。現システムは、法線に対する鉛直を確認するシステムですが、横方向の倒れも確認できるようなシステムになればより良いと思います。

――使用する製品・システムについての要望はありますか?

慣れている測量機のメーカーがあるので、各メーカーの測量機に対応できるとよいです。 (具体的にシフティングで調整できるタイプなど)
また、測量に慣れてない社員でも簡単に対応できるようなシステムになるとより良いです。

――コスト/時間が削減できましたか?

はい。傾斜計を使って確認する手間がなくなりました。

――品質の向上が図れましたか?

はい。

――導入前に比較した他社製品/システムがあれば、差支えない範囲で教えてください。

技術提案の段階からご協力いただいていましたので特にありません。

――計測ネットサービスの製品、サービスはどこが優れていましたか?

今回の業務だけでなく、技術提案や実際の導入にタイムリーに答えてくれています。

――営業の対応はいかがでしたか?

5段階評価で5です。急な要望にも応えていただいています。

――現場での対応は如何でしたでしょうか?

5段階評価で5です。使用できるようになるまで指導してくれました。

――技術面は如何でしたでしょうか?

5段階評価で5です。

――最後に、今後の計測ネットに期待することはありますか?

今後も最新の開発技術を期待します、新しいシステムが出来ましたら教えていただきたいと思います。

――ありがとうございました。
掲載日:2012/11/5

杭打設管理システム【パイルナビ-S】

杭打設管理システム【パイルナビ-S】
GNSSを用いてシートパイルの位置を測定し、実測値から傾きをビジュアルで表示するというものです。重機のオペレーターは操縦席のモニターでシートパイルの前後の傾きを確認しながら調整を行うことができるシステムです。
NETIS車載モニター
お問合せ・お見積り・カタログ請求