杭打設管理システム導入インタビュー

株式会社栗本様 杭打設管理システム【パイルナビ-P】導入インタビュー
お客様
株式会社栗本 中野所長
導入商品
杭打設管理システム
【パイルナビ-P】
システム稼働期間
2015年1月~2015年3月
現 場
広島県福山市
工事名称
手城川広域河川改修工事4工区(地盤改良工事)
工事概要
河川の地盤改良(固化処理)工事における地盤改良処理船の誘導
システム稼働現場
リーダー
360度プリズム
モニター画面
この日、納入させていただきました杭打設管理システムの機材撤去に訪問し、弊社システムの使い勝手をお伺い致しました。

――当システムの操作性はいかがでしたか?

システムの画面感度が遅く感じた。最新の測量機を使用したらなら早くなったかもしれない。
システム画面の拡大/縮小機能がもう一段階出来れば良かった。拡大すると大きすぎてしまった。
青丸(計画位置)/赤丸(現在地)がもう少し見やすいほうが良かった。

――システム全般について

システム上では㎝単位の表示であるが、現場ではmm単位で出来形管理を行っているため、対応して頂きたい。
箱(制御機器BOX)が手作り感満載だったのが残念。
現在、システムをインストールしてあるタフブックからUSBで別のPCにデータ移行しているが、リアルタイムでタフブック以外からデータが見れたら、なお良かった。

――導入時に苦労されたことやトラブルはありましたか?

測量機会社から借りていたTSが故障し、データの抽出ができないという事象が発生したが、2台のTSで管理していたので、手動により1台のTSで2台の処理船の施工を継続した。故障機においては、迅速な対応で同日に復旧できたので、とても良い印象を得られた。

――想定外の効果とデメリットはありましたでしょうか?

特になし。機能は説明受けた通りだった。

――システム化出来たらよいものはありますか?

特になし

――ありがとうございました。
――担当営業から一言:測量に詳しい方に運用していただいたので大変助かりました。
取材日:2015/3/23

杭打設管理システム【パイルナビ-P】

杭打設管理システム【パイルナビ-P】
GNSS(GPS/GLONASS)を用いて重機の位置情報をリアルタイムに計測し、重機と設計杭芯座標までの位置関係を車載モニターで確認できます。
NETIS車載モニターデータ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求