施工領域安全監視システム導入インタビュー

古河産機システムズ株式会社様 施工領域安全監視システム【3Dバリア】導入インタビュー
お客様
古河産機システムズ株式会社
平山様
導入商品
施工領域安全監視システム
【3Dバリア】
システム稼働期間
2015年8月~2015年9月
現 場
千葉県印西市
工事名称
社会資本総合交付金工事(仮称5号橋上部工)
工事概要
道路橋梁の建設にあたり、平行する京成線のエリアにクレーンが侵入しないように、3Dバリアで安全管理を行いました。
計測風景
受光センサーと回転レーザー
受光センサー
表示パネル

――導入のきっかけを教えてください。

本社の技術提案です。クレーンの位置をオペレーターさんと私(平山様)とで共有したかったので、3Dバリアのモニターを両方で見れるようにしました。

――従来はどのような管理をされていましたか?

レーザーバリアと監視員による目視確認

――システムを運用されている方はどなたでしょうか?

私(平山様)とオペさんです。
レーザーバリアと併用しています。

――導入時の現場の方の受けはどうでしたか?

オペさんからは画面が見づらい、判りづらいと言われました。
緑の◎(ブーム位置)に対する5Mラインと実際にラインが分かりにくかった。

――導入時に苦労されたこと、トラブルはありましたか?

クレーンの陰になってプリズム視準がロストしてしまうことがあり、その度に設定しなおさなければならなかったので、オペさんにも負担をかけました。

――システムを導入して効果はどうでしたか?

クレーンのブームの位置の見える化できたことが良かった。
障害物で目視確認できなくても位置が分かります。

――想定外の効果とデメリットはありましたでしょうか?

特になし

――現在は手作業でやっている事など、今後システム化できれば良い仕事はありますでしょうか?

計測の自動化

――当社スタッフの対応はどうでしたか?

全く問題なし。何かあった特にすぐ対応してくれて助かりました。

――ありがとうございました。
取材日:2015/9/5

施工領域安全監視システム【3Dバリア】

施工領域安全監視システム【3Dバリア】
GNSS(GPS/GLONASS)やトータルステーションを用いて、クレーンなどの重機の位置情報をリアルタイムに測定し、あらかじめ指定した施工エリア外の領域に立入った場合に警報を発令し危険を通知する3次元監視システムです。
NETIS無人監視警報機能車載モニターデータ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求