3Dレーザースキャナー

現況測量・建築限界・支障物測定

3Dレーザースキャナーを使用して計測することで高精度の大量の点群座標データが取得可能です。得られた3次元データにより、3D-CADモデルとして建設現場の現況を立体的に把握することができます。
計測した大量の座標点群データは専用CADソフトウエアにより正確な3D地形モデルを短時間で作成し、成果品としてアウトプットします。
不要なデータの排除、地形形状を損なわずに点群を間引き処理・点密度の均一化処理を行います。
河川はもちろんダム、斜面、トンネル、道路等あらゆる現場に活用できます。

PDFをダウンロード

3Dレーザースキャナー

システム概要

高精度 低ノイズ

パルス方式(Time of Flight)による位相差の処理を融合させることにより高精度で安定した測距を実現。独自のプリサイススキャン技術によりノイズの少ないクリアなデータを提供します。

点から面へ高速に大量のデータを取得

高速に大量の点群データ(最大2万点/分)とデジタルカメラ画像を取得することで効率的かつ正確な情報を入手できます。安全性の高い非接触遠隔計測は立ち入ることのできない危険な場所を安全な遠隔地から計測することができます。高い安全性を誇るクラス1レーザーを採用しています。

抜群の操作性

ジョグと照星照門を装備。トータルステーションを扱うように直感的に操作できます。可能測定範囲を視準により設定することが可能となりました。スタンドアローンでの観測も可能です。

モニター画面

点群データ

路面の高低差を視覚化
トンネルの点群データ
鉄道の点群データ
鉄道の点群データ
法面の点群データ
法面の点群データ
お問合せ