コンクリートバケット誘導システム

バケットを指定打設地点に誘導するクレーンガイダンス

自動追尾トータルステーションを使用し、コンクリート打設時のコンクリートバケットの位置と打設位置との関係をビジュアル化し、バケットを指定打設位置に誘導するクレーンガイダンスシステムです。
コンクリート排出時には作業員が打設地点で待機する必要がありませんので、作業員の安全を確保できます。また、異形型枠への正確なコンクリート打設も可能になります。

PDFをダウンロード

コンクリートバケット誘導システム

システム概要

計測手順

1.打設位置確認
誘導員がプリズムを持って打設位置へトータルステーションを誘導。位置情報は自動でクレーン操作室のモニターに転送される。
2.バケットの初期位置
コンクリートプラントに待機中のバケットを自動視準。移動するバケットを追尾開始。
3.バケット誘導
クレーンオペレーターは車載モニターで打設位置を確認しながらバケットを誘導。
4.打設位置確認
バケット位置と打設位置の合致を確認。次の打設位置確認へ。

システム概要図

設置例、画面インターフェース

システム活用イメージ
システム活用イメージ
モニター画面
モニター画面
モニター画面
モニター画面
お問合せ