レーザー距離計による桁たわみ計測システム【Dポイント】

非接触でたわみ量を演算出力

列車や車両通過時に、桁までの距離を動的に計測することによってたわみ量を演算出力します。対象測点にはケーブルレスかつ非接触で測定が行えます。従来の接触式変位計と比べて作業を大幅に効率化します。

PDFをダウンロード

レーザー距離計による桁たわみ計測システム【Dポイント】

システム概要

計測する桁に非接触、かつ立ち入らずにたわみを計測

レーザー距離計を桁の真下あるいは斜め下に設置し、列車通過時の桁までの距離を連続的に計測を行うことによりたわみ量を演算出力します。
高精度の機器を3台使用することで、列車が高速で移動していても確実にたわみ量を測定することが出来ます。

システム概要図

設置例、画面インターフェース

システム活用イメージ
システム活用イメージ
モニター画面
モニター画面
お問合せ