杭打設管理システム【パイルナビ-V】

NETIS登録:KT-120091-VE

杭の位置と傾き確認をビジュアルで行う杭打ち施工管理

ノンプリズムトータルステーションを用いて杭の外径の2点を計測することで杭芯位置を算出し、杭の位置と傾きを管理するシステムです。設計値と実測値との差異を、数値とビジュアルで車載モニターに表示します。

●既製杭の打設や地盤改良工において杭を打設する場所の管理はパイルナビ-P
●打設する鋼矢板の傾きを管理はパイルナビ-S

商標:第5577455号

PDFをダウンロード

杭打設管理システム【パイルナビ-V】

システム概要

車載モニターにリアルタイム表示

ノンプリズムトータルステーションにより、オペレーターはリアルタイムに杭の水平・傾き状態を確認できます。トータルステーションから得られる測定データが車載モニターに反映され、杭上部(杭下部)の偏差をビジュアルで確認できます。

計算概念

杭の2点を計測し、杭の2点の座標ならびに既知の半径(杭の寸法)から杭の中心座標を算出します。杭の上部・下部をそれぞれ計測することで杭の傾きを確認することもできます。

施工精度向上

高精度のトータルステーションを使用することで、より設計値に近い打設に貢献します。オプションで深度管理も行えます。

システム概要図

オプション

杭の深度管理

レーザーを照射するターゲットをオーガーに設置し、2Dレーザースキャナーをリーダーの下部に設置して深度位置を計測します。

GNSSを使用した計測風景

設置例、画面インターフェース

オールケーシングでの活用イメージ
トータルステーションを一台使用した例
モニター画面
モニター

導入実績例

お問合せ