深浅・堆砂測量システム【C-ウォッチャー】

堆砂測量業務の作業効率向上

GNSS(GPS/GLONASS)や自動追尾トータルステーションと精密音響測深機を融合させ、測量船を停止させることなく深度情報と測量位置情報をリアルタイムに測定できるシステムです。
当システムは、ダム湖や貯水池・港湾において定期的に実施されている堆砂測量業務の作業効率の向上に役立てられます。

PDFをダウンロード

深浅・堆砂測量システム【C-ウォッチャー】

システム概要

高速追尾可能なトータルステーションを採用

100m先を時速90kmで移動する物体を確実に追尾する事が出来ます。測量船側には360°どの方向からでも追尾光を受光できる360°プリズムを設置します。
船の向きや状態を気にすることなく測量船の座標測定が行えるようになります。

プリズム視準が不要

移動する測量船を常時追尾しながら位置情報(X,Y)を取得するので測量船を一時停止させる必要がありません。 作業時間が短縮できます。

連続計測に対応した特定小電力無線モデムの採用

データの送受信媒体には、リアルタイム性を要求されるデータ伝送に適した特定小電力無線モデムを使用します。受信側で誤りチェックを行っており、信頼性の高い通信が可能です。
測定された深度情報は特定小電力無線モデムでリアルタイムに観測局側に送信されます。受信データはトータルステーションから同時刻に取込まれる測量船位置データ(X,Y)と直ちに統合され記録されます。

システム概要図

設置例、画面インターフェース

システム活用イメージ
システム活用イメージ
モニター画面
モニター画面
設定画面
設定画面
お問合せ