杭芯位置出し誘導システム【ステイクポイント】

杭芯位置を正確に計測

自動追尾トータルステーションやGNSS(GPS/GLONASS)を用いて杭芯位置等を正確に計測するシステムです。予め計測用PCに設計位置座標をセットすることで、作業員を設計位置まで誘導します。

PDFをダウンロード

杭芯位置出し誘導システム【ステイクポイント】

システム概要

システムの特徴

リアルタイムに位置確認
現在位置と杭芯位置が同時に画面表示され、位置の差分をリアルタイムに測定することができる。

無駄なく効率的、正確
施工の過程で消失した位置の復元がスピーディーにできます。正確かつ効率的に杭芯位置の管理を行うことで設定ミスによる再施工や工期の延長を防ぐことができます。

VRS方式によりコスト低減
GNSSを使用する計測において、VRS方式で観測することにより基準局を設置することなく作業を行えます。

システム概要図

画面インターフェース

モニター画面(計測済み)
モニター画面
モニター画面(未施工)
モニター画面
お問合せ