傾斜測定管理システム【チルトウォッチャー】旧称:ランドウォッチャー

遠隔地から橋脚やベント、法面などの変動を24時間観測

傾斜センサーを設置して橋梁現場に置けるベントやサンドル、橋脚、橋台といった橋梁現場や、法面の傾斜変位を観測するシステムです。無線でデータを取り込み、WEBブラウザーで24時間状況を把握できます。

PDFをダウンロード

傾斜測定管理システム【チルトウォッチャー】

現場に合わせた2つの仕様

AC電源での運用(リアルタイムのデータを監視)

<適した現場>
●緊急性が高い現場
●遠隔地から計測設定を変更したい現場
電源を繋げることで常に稼働し、遠隔地のパソコンから任意の時間に計測指示を出せます。データは一定時間取得した中数値を計測値としています。

バッテリーでの運用(ワイヤレスで稼働)

<適した現場>
●電源が取れない現場
●長期にわたる経過を見たい現場
バッテリーを搭載する特定小電力無線内蔵タイプであり、内蔵電池だけで半年以上(12回/日)動作します。AC電源での使用も可能です。
※観測中継局は100V電源が必要です。※設置環境により若干差が生じることがあります。

設置例、画面インターフェース、グラフ

近接工事の影響による橋梁の傾き管理
近接工事の影響による橋梁の傾き管理
ベントの傾き管理
ベントの傾き管理
法面の傾斜計測
法面の傾斜計測
WEBブラウザー画面
WEBブラウザー画面
グラフ
グラフ
お問合せ