セミオート軌道変位計測システム【トラックステーション2】

線路内に立ち入らず軌道変位を監視

定期的な軌道変位状況の監視を自動視準トータルステーションにより安全・効率的に検測するシステムです。プリズム設置後は軌道内に立ち入る必要がなく、半自動(セミオート)にて軌道検測を行います。

商標:第5155482号
特許:第4371406号

PDFをダウンロード

セミオート軌道変位計測システム【トラックステーションⅡ】

システム概要

軌道内への立ち入りなし!

予め反射プリズムをレールの検測位置へ取り付けます。
その後は一切軌道内へ立ち入ることなく検測作業を実施できます。

トータルステーション据付後は自動観測

測量機を所定の位置へ据付てしまえば、以後の観測は自動で実施します。
計測者はコントローラの画面から検測結果をその場で確認できます。

一般測量機として運用可能

計測機材は一般的に使用されているトータルステーションを使用するので計測業務完了後は測量機としてご使用いただけます。

画面インターフェイスと帳票

即結果表示、提出資料もその場で作成
検測システムにより取得されたデータは、プリンターに接続して「仕上がり状態検査記録」として出力できますので提出資料の作成の手間も省けます。また、各測点の変位量をグラフで出力することもできます。

システム概要図

設置例、画面インターフェース

軌道に設置したプリズム
設置方法
モニター画面
Web閲覧画面
軌道変位グラフ出力図
軌道変位グラフ出力図
仕上がり状態検査記録
仕上がり状態検査記録
お問合せ