軌道変位自動監視システム【トラックステーション3】

近接施工の軌道変位を24時間監視

近接工事の影響を受ける軌道や周辺の変位を3次元計測するシステムです。軌道だけでなく施工エリア全域を24時間リアルタイムで監視することで現場の安全を守ります。

商標:第5155482号
特許:第4371406号

PDFをダウンロード

軌道変位自動監視システム【トラックステーションⅢ】

システム概要

システムの特徴

レールの変位を直接測定
プリズムをレールに取付けることで直接測定、従来工法(ワイヤー測定等)では得られない精度での自動計測が可能になりました。
絶対変位の計測管理が可能
不動点を基準としたレールの絶対3次元変位測定を行います。
測点の増設で施工エリア全体の監視も可能
軌道に限らず、周辺の変位が予想される範囲すべてにプリズムを増設することで施工エリア全体を3次元計測できます。(例:シートパイル、鋼管杭、土留め壁等の変位計測)
遠隔地からの監視も可能
インターネットで遠隔地からもデータの監視ができます。

システム稼働イメージ

設置例、画面インターフェース

アンダーパス工事による軌道計測
アンダーパス工事による軌道への影響観測
鉄道橋梁工事による軌道への影響観測
鉄道橋梁橋脚工事による軌道への影響観測
架台によるTSの設置方法
近接施工による軌道計測
軌道に設置したプリズム
設置方法
モニター画面
Web閲覧画面
軌道変位グラフ出力図
軌道変位グラフ出力図
仕上がり状態検査記録
仕上がり状態検査記録
お問合せ