情報化施工とは

情報通信技術( Information and Communication Technolog)を活用した建設施工における新たな施工システムの総称。GPS(GNSS)、無線LAN、インターネット、トータルステーション、パソコンなどのIT情報通信技術を活用して効率化・自動化されたシステムです。また、そこから得られる電子データを他の工程にも活用する取り組みが為されています。
2008年(平成20年)7月末、国土交通省により「情報化施工推進戦略」が策定されるなど、従来の施工方法に代わりこれらの情報化施工技術が広く普及、標準化されてきています。
建設工事における調査・設計・施工・維持管理という一連のプロセスのうち「施工」に注目。新しい技術の活用によって作業の効率化、高精度な施工の実現、また、そこから得られる電子データを他のプロセスでも有効活用することを目的としています。

右図:情報化施工の実現イメージ(出典:国土交通省「情報化施工推進戦略」)
情報化施工とは

導入のメリット

従来との比較

工期短縮

作業を効率化!短縮した分、メイン工程に余裕が生まれます。

品質向上

オペレータの技術、昼夜問わず高精度で安定した結果を得る事が可能。

安全性向上

少人数・無人化。遠隔地からの制御が可能。

丁張りが不要

施工中の座標チェックが不要になる。

人手不足の解消

計測の自動化により作業エリアへ作業員の立ち入りが不要になる。
お問合せ・お見積り・カタログ請求