基礎工事トータル管理システム【Grow -グロウ-】

杭芯位置出しから出来形管理まで基礎工事を一気通貫で行います!

基礎工事トータル管理システム【Grow -グロウ-】は、当社の杭芯位置出し誘導システム【ステイクポイント】杭打設管理システム【パイルナビ-P】杭打設管理システム【パイルナビ-V】を組み合わせ、杭芯の位置出しから重機の誘導・設計座標値の確認・打設後の出来形管理まで、ワンストップで計測業務を行うことができるシステムです。
同じ計測機材・計測PC、同じ設計データを使用することで同じ環境で計測することになり、計測値の適正さが得られます。

PDFをダウンロード
ワンストップ計測業務

工事の流れ

STEP1. 杭芯打設位置出し

<杭芯打設位置にマーキング>
ステイクポイントを使用し、設計された打設位置まで作業員を誘導し、正確な位置にマーキングを行います。

STEP2. 重機の誘導・杭の鉛直確認

<打設位置への誘導・鉛直の位置確認>
パイルナビを使用し、重機オペレーターは車載モニターを見ながら重機を設計位置までの誘導や、杭の鉛直度の確認を行います。

STEP3. 打設出来形計測

<出来形帳票を作成>
ステイクポイントを使用し、打設後の杭位置を計測し、出来形帳票の作成を行います。

工事の流れ

使用しているシステム

杭芯位置出し誘導システム【ステイクポイント】

杭芯位置出し誘導システム【ステイクポイント】
自動追尾トータルステーションやGNSS(GPS/GLONASS)を用いて杭芯位置を正確に位置出し・計測するシステムです。あらかじめ位置座標を入力することにより、作業員を設計位置まで誘導します。
モバイルモニターデータ閲覧
システム詳細

杭打設管理システム【パイルナビ-P】

杭打設管理システム【パイルナビ-P】
GNSSを用いて重機の位置情報をリアルタイムに計測し、重機と設計杭芯座標までの位置関係を車載モニターで確認できます。
NETIS車載モニターデータ閲覧
システム詳細

杭打設管理システム【パイルナビ-V】

杭打設管理システム【パイルナビ-V】
ノンプリズムトータルステーションを用いて杭芯の位置を直接測定し、杭の傾きを確認しながら打設位置と鉛直度の調整を行います。車載モニターで確認しながら作業できます。
NETISモバイルモニターデータ閲覧
システム詳細
お問合せ・お見積り・カタログ請求